丸馬出し(まるうまだし)


 特にTABLEなどで文書を整形していませんので、ご自由にこのウィンドウを読みやすいサイズにしてください。

 丸い形の馬出し。中世城郭では武田氏がよく用いた。近世城郭では武田氏の影響に及んだ関東から中部地方にかけて、土塁積みの残す城で発達した。馬出しの外を囲む弧状の堀を三日月堀と呼ぶこともある。しかし、弧状の堀があれば、すべて馬出しがあるというわけでわないので注意。 (例...群馬県 白井城 の本丸虎口の大横矢にそった三日月堀など)



参考文献
日本城郭大系 別巻 2
新人物往来社 編

千田嘉博 小島道裕 前川 要 著
城館調査ハンドブック
新人物往来社 発行

など




 今あなたの見ているウィンドウは正規であるドイツ参謀本部経由からきた方は、新しく別ウインドウとして開かれていますので、もとの本文に戻る場合は、タスクバー(マックの場合はメニューバーっていうんでしょうか?)などをクリックして元のウインドウを呼び出して下さい。(別ウィンドウにした理由は、あくまでも、用語解説のページなのでちらっと見てすぐに本文にもどりたいという人が多いと思いまして、別ウィンドウの方が本文にすぐに戻りやすいと思いまして別ウィンドウ形式にしました。)
 あまりたくさんのウィンドウを開けるとメモリーなどが不足する場合がありますので、必要に応じてウィンドウを閉じて下さい。


 検索ページなどから来た方の場合はよろしければ、ウィンドウサイズを800*600のサイズ゙にして
こちらへ(ドイツ参謀本部入り口ページ)